賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。

賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。

賃貸物件での譲れない条件

私は賃貸物件に4度引っ越しをしました。私が賃貸物件を選ぶ際の、ゆずれない条件を書きます。まず一つ目は、バスとトイレが別々になっていることです。初めて一人暮らしをした時は、お金もなかったので、ユニットバスの物件を選びました。しかし、お風呂に浸かる事が好きな私には、物足りませんでした。湯船にお湯を張れば、問題なく疲れたのですが、中々全体が温まるのに時間が掛かりました。そのため、その物件に住んで以来は、バスとトイレが別の物件である事は、ゆずれない条件です。

2つ目の条件は、壁が厚い事です。以前住んだ事のある物件では、お隣さんがゲームをしていると音が聞こえてきました。また、隣の家の人が話している内容までは分かりませんが、声が聞こえてくる状態でした。この時は、自分の生活音も聞こえているのではないかと気を遣いました。入居前には壁が厚いかどうか確認はしましたが、入居した事のない人の説明では納得がいかないのです。そこで、物件の見学に行く時は必ず家族か、友人に付いてきてもらっています。ベランダから、壁に向かって声を出します。その声が中に居る人に聞こえるのかを確認しているのです。人ぞれぞれ、ゆずれない条件はあると思いますが、私の条件は以上の2点です。

Copyright (C)2018賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。.All rights reserved.