賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。

賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。

賃貸に試験的に入居することが出来ないものか

自分が住むべき住まいに関しては、たとえ格安の賃貸アパートであっても譲れない条件と言うものがあるものです。それは人によってさまざまでしょうが、たとえば隣の住人の生活音が聞こえるとか、近所に猫がたくさんいて油断していると部屋の中に入ってくるとか、そういったことは到底我慢できない人がいても不思議ではありません。ただし実際に住んでみないと部屋の状況はよく分からないと言うのも事実なので、いっそのこと試験的に数日だけ入居できるようなシステムがあるといいのではないでしょうか。そうすれば入居早々出て行くことを考えるような人もいなくなるはずです。

考えるとスーパーだって試食コーナーがあるのだから、それよりよほど大きな買い物である賃貸への入居について試しがないのはおかしな話です。不動産屋としても自分が紹介する物件に自信があるなら希望者に試験的な入居を認めてもいいのではないでしょうか。もちろん日割りで家賃を徴収してもいいし、せいぜい三日とか一週間程度でもいいので、試験入居を制度として広めて欲しいものです。あくまで試験であることを考えれば電気や水道がなくても構わないでしょうし、それほどの手間がかかるとは思えないのだから、ぜひとも検討して欲しいものです。

Copyright (C)2018賃貸住宅を選ぶ時のゆずれない条件について。.All rights reserved.